生物資源エネルギーの活用|平板載荷試験で安心を買える|マイホームで暮らす為の義務

平板載荷試験で安心を買える|マイホームで暮らす為の義務

女性

生物資源エネルギーの活用

作業員

生物資源利用の発電

今年の4月より電力が自由化され、様々な会社が新規参入しています。発電方式は火力発電や再生可能エネルギーが主流ですが廃棄物を利用した発電方式もあります。特に生物資源を利用したバイオガス発電が注目されています。バイオガス発電とは、家畜糞尿や食品廃棄物などの有機ゴミを発酵させて発生するメタンガス等のバイオガスを燃焼して、その熱で蒸気を作りタービンで発電します。似たような発電方式にバイオマス発電がありますが設備の構造が複雑なため、構造がシンプルなバイオガス発電の方が導入費用も抑えられメンテナンスコストも抑えられるメリットがあります。また炭酸ガス発生量もバイオマス発電より少ないく地球環境に優しいメリットもあります。

発電における特色

バイオガス発電のメリットを先に紹介しましたが、その他にも様々な特色があります。まず安定した発電量を得られることです。再生可能エネルギーの代表格は太陽光発電や風力発電ですが、夜間は発電できなかったり天候に発電量が左右されます。その点バイオガス発電は有機廃棄物を安定的に確保できれば、安定して発電できます。時間ごとの発電量の調整も容易です。更に燃料が化石燃料ではなく、廃棄物の有効利用のため廃棄物削減にも貢献できます。発電後に残った廃棄物は無害化して肥料として利用されるので廃棄物も発生しません。また有機ゴミはそのまま焼却すると強烈な異臭を発生しますが、バイオガス発電なら独自の発酵方法のため臭いもほとんどなく近隣住民にもご迷惑をかけません。