平板載荷試験で安心を買える|マイホームで暮らす為の義務

重機

再生可能エネルギーを選ぶ

男の人

地中熱は天候や夜間などに左右されない再生可能エネルギーです。地中は一年を通して温度が一定で、その熱を冷暖房に利用する地中熱利用システムが注目されています。今はまだ設備導入が高価ではありますが、都市部に広がることによってヒートアイランド現象の軽減にもつながるのです。

もっと読む

生物資源エネルギーの活用

作業員

有機ゴミを利用したバイオガス発電が注目を集めています。バイオガス発電とは有機ゴミから発生させたバイオガスを燃焼して発電する方式です。バイオマスより構造がシンプルでメンテ費用も安価です。また安定して発電できること、廃棄物削減に貢献でき、においも殆どないという特色もあります。

もっと読む

安心・安全な家を建てる

メンズ

やり直しがきかないから

マイホームは一度建ててしまったら基本的には再び建て替えない限りはその状態がずっと続きます。内装を少しいじることは可能ですが、根本的な部分には手を付けられないことを考えるときちんとした準備をした上で家を建てることが大事です。また、新築の家を建ててもらう時に多くの人が建築業者さんに作業を一任してしまう傾向が強いですが、そこに自分の意見をきちんと差し込めるかどうかが仕上がりを大きく左右します。もちろん、施工会社も家づくりのプロですからきちんとした仕事はしてくれます。しかし、こういった人たちは家を作るまでが目標であるのに対して、マイホームの建設を依頼した側からするとゴールは家ができた後に快適な生活が送れるかどうかという一点です。この違いをきちんと把握をした上でどうすれば自分の理想の家になるのかを考え抜く作業が不可欠です。例えば、地盤の安全面を徹底的に確かめるためにあえて平板載荷試験を行ってもらうことを要求するのもアリです。

短時間で調べられる

これから家を建てようとしている場所の地盤が本当に強固なのかどうかを確かめるのが平板載荷試験です。平板載荷試験は文字通り大きな板を設置し、重機などを使って大きな負荷をそこにかけながらどこまでこの地盤が圧力に耐えられるのかを調べます。この平板載荷試験のメリットは直接地面に対して力を加えた上で数値を測定するのでかなり正確に地盤の状態を調べられる点です。また、ほかの特殊工事と比べると短時間で測定結果が出ることからすでにできあがっている建築スケジュールに負担をかける心配がないのも大きなメリットです。そのおかげで、家づくりのプランのなかに平板載荷試験がなかったとしてもすぐに追加できます。ただ、平板載荷試験に限らず、特殊工事というものは実際に調査をする業者によって数値の結果が変わることがあり、それを考慮するならば本当に信頼のできる業者さんにお願いをすることがカギです。良い業者かどうかを見極めるポイントとしては値段ではなく、平板載荷試験の質そのものを売りにしているところがおすすめです。

万が一の備えに最適です

水

井戸は万が一の災害時に利用できますし、日常生活においても水道代金の節約になる非常に便利なものです。井戸を利用するためには井戸工事が必要になりますが、井戸工事には大きな危険がつきまといます。ですから、必ず井戸工事の専門業者に依頼するようにしましょう。

もっと読む